暖かい高気圧渦、冷たい高気圧渦

異なる水塊性質を持つ高気圧渦の相互作用

 
 

北西北太平洋に位置する黒潮・親潮続流域には、黒潮から派生する高気圧性渦「黒潮暖水塊」の存在が良く知られていますが、この海域にはオホーツク海起源の冷水性高気圧渦も分布することが知られています(参考: 黒潮・親潮続流域の渦の挙動)。本研究では、高気圧渦の水塊特性の解析から、黒潮系水とオホーツク系水が1つの渦内で鉛直的に結合していることを発見しました。

高気圧渦は必ずしも暖水塊ではない

人口衛星が捉えた北海道沖の高気圧渦

参考資料・文献

  1. Itoh, S., I. Yasuda, and H. Ueno: Warn and cold-core anticyclonic eddies in the western subarctic North Pacific, PICES annual meeting, Oct. 2010, Portland, USA [PDF]

  2. 伊藤 幸彦・安田 一郎: 親潮域周辺の高気圧性暖水・冷水渦の水塊特性, 日本海洋学会春季大会, 2010年3月, 東京海洋大学 [PDF]

  3. Itoh, S. and I. Yasuda: Water mass structure of warm and cold anticyclonic eddies in the western boundary region of the subarctic North Pacific, J. Phys. Oceanogr., 40, 2624-2642, 2010 [Abstract] [Itoh_and_Yasuda_2010_JPOb.pdf].

黒潮とオホーツク海水の遭遇・結合

暖水性高気圧渦(いわゆる暖水塊)の中層に存在する冷水は、冷水性渦高気圧渦の冷水と同じ密度帯であることから、これはオホーツク海起源の低温・低塩分・低渦位水であり、暖水・冷水2種類の核が”Alignment” (Polvani 1991JFM)の状態にあることが示唆される

略歴・研究ページへitoh_cv_pub.html

高気圧渦中心位置における
水温の気候値からの偏差 [°C]

東北〜北海道の沖合には多くの高気圧渦が存在してる。多くは黒潮系の水塊を核に持つ暖水性高気圧渦であるが、一部はオホーツク海系の低温水を核に持っている(低塩分のため低密度ではある)。衛星とプロファイルデータの解析からこれらの分布が明らかとなった。

北海道沖に分布する暖水性・冷水性高気圧渦の
等密度面上での温位・塩分:

黄線、赤線、黒丸は観測されたプロファイル、観測プロファイルの平均(実線)と標準偏差(点線)、および観測位置での気候値。暖水性高気圧渦、冷水性高気圧渦ともに、中層ポテンシャル密度26.7付近に低温・低塩分の偏差があることがわかる。これは、暖水性高気圧渦が上層の「暖水核」の下部に冷水を保持していることを意味する。

暖水性高気圧渦

冷水性高気圧渦

温位

塩分

温位

塩分