「富岳」成果創出加速プログラム 防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測

本課題「防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測」は、文部科学省スーパーコンピュータ「富岳」成果創出加速プログラムの領域②「国民の生命・財産を守る取組の強化」の一課題として選定されました。2020~2022年度の期間、「富岳」の計算資源を優先的に無償で使用し、速やかな成果創出を目指します。


新着情報

2020.11.20
プレスリリース
プレスリリース発表を行いました。「スーパーコンピュータ「富岳」を利用した史上最大規模の気象計算を実現 -スパコン×シミュレーション×データ科学の協働が切り開く未来の気象予報-」
2020.11.04
論文
論文がSupercomputing 2020(SC20)のProceedingsに掲載されました。
2020.11.02
報道
研究成果が報道されました。「スーパーコンピューター「富岳」の利用により、豪雨・線状降水帯の予測精度が向上」
2020.10.02
イベント
シンポジウム講演者の発表資料を公開いたしました。
2020.09.26
イベント
第1回シンポジウム「豪雨・台風の高精度な予測を目指して」が無事に終了いたしました。
2020.09.09
受賞
「令和2年度防災功労者内閣総理大臣表彰」を受賞いたしました。
2020.08.21
プレスリリース
プレスリリース発表を行いました。「30秒ごとに更新するゲリラ豪雨予報~首都圏でのリアルタイム実証実験を開始~」
2020.08.20
プレスリリース
プレスリリース発表を行いました。「衛星データと計算による世界の降水予報 ~理研とJAXAのwebで5日後までのリアルタイム降水予報を公開~」
2020.09.26
イベント
第1回シンポジウム「豪雨・台風の高精度な予測を目指して」を開催いたします。
2020.07.21
プレスリリース
プレスリリース発表を行いました。「夏季アジアモンスーン降水の将来変化:台風・熱帯擾乱活動の重要性」
2020.06.11
受賞
ジャーナルPEPS ダウンロード賞を受賞致しました。
2020.04.01
イベント
「富岳」成果創出加速プログラムがスタートします。
2020.01.31
イベント
文部科学省委託事業 ポスト「京」(スーパーコンピュータ「富岳」)重点課題4「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」成果報告会を開催しました。


関連サイトリンク集