海洋生態系変動分野 Ecosystem Research Section

CONTACT

海の生態系の仕組みについて学び、一緒に研究する方を募集しています。

海洋生態系の変動をもたらす根本的な要因は、環境とその変化過程です。海洋生態系変動分野では、水温や塩分、流速等の環境、海流による輸送や混合等の過程が、生態系やプランクトン・魚類等の生態や分布、水産資源量変化におよぼす影響を調べています。興味と意欲があれば、これまでの所属や専門を問いません。海洋環境と生態系の関係、相互作用に興味のある学生の皆さん、ぜひ私たちの研究室で共に学び、研究しましょう。

大学院案内

大学院生として研究室に入る場合、伊藤研究室では農学生命科学研究科水圏生物科学専攻 、羽角研究室では理学系研究科地球惑星科学専攻に入学する必要があります。まずは伊藤、羽角までお問い合わせください。

研究・指導方針(伊藤研究室)

研究テーマは、学生の希望を踏まえて教員から提案するものから選んでいただきます。現在進行中のプロジェクト、関連する研究テーマについてはProjectページをご覧ください。指導教員(伊藤幸彦)は、沿岸から外洋までの海洋環境・生物生産・魚類動態の観測的研究とデータ解析、数値実験に実績があり、目的に最適な手法を選択していきます。 指導教員との定期的な面談・議論、毎週のセミナー(環境動態分野>リンクと合同開催)、勉強会等を通して、海洋環境学、生態学、水産資源学、データ解析、モデリング技術等をしっかり習得します。また、研究船を用いた様々な海域での調査にも適宜参加し、海というフィールドを体験しながら実態を学んでいただきます。また、国際的に活躍する人材を育てる方針から、国際学会における成果発表等、学生が国際的舞台を経験する機会を積極的に提供しています。

研究員募集

日本学術振興会特別研究員として研究室に参加をご希望の方は、受け入れ希望の教員(伊藤もしくは羽角)までご連絡ください。プロジェクト等の研究員公募は、東京大学大気海洋研究所ホームページJREC-IN Portal 等に掲載されます

研究室見学・インターンシップ

研究室見学は、随時受け付けておりますが、所が実施する進学ガイダンスや、インターンシップのタイミングで訪問していただくこともできます。

連絡先

  • 伊藤幸彦 准教授(大学院担当:水圏生物科学専攻)
  • Email: itohsachmailaori.u-tokyo.ac.jp
  • 〒277-8564
  • 千葉県柏の葉5-1-5 東京大学柏キャンパス 大気海洋研究所514 室