課題概要

課題責任者 佐藤正樹(東京大学大気海洋研究所)

激甚化する集中豪雨等の極端気象現象からの防災・減災の実現

  • 数日程度から数週間~季節スケールの大規模に災害をもたらす事例の気象・大気環境予測実験(大アンサンブル)を富岳を用いて実施
  • リードタイム(予測から豪雨発生までの猶予時間)をもった確率予測情報の提供が可能な新時代の予測技術を確立

気象災害の原因である集中豪雨や台風に対する大アンサンブル予測

  • 積乱雲等を忠実に表現する高解像度の大アンサンブル実験を実施
  • 近年の著しい観測技術の進歩がもたらした高精度・高頻度・高密度になった観測データ(観測ビッグデータ)と組み合わせた先進的な予測技術開発
  • 確率予測情報を付加した高精度な数値天気予報による、革新的な数値気象・大気環境予測技術を実現