研究成果


プレスリリース

国立研究開発法人海洋研究開発機構 地球環境部門 地球表層システム研究センターの宮崎和幸招聘主任研究員らがプレスリリース発表を行いました。 (2021年6月10日)


受 賞

ポスト京・富岳関連の論文が日本地球惑星科学会のジャーナルPEPS 最多被引用論文賞を受賞致しました。(2021年6月4日)

  • PEPS Most Cited paper award 2021 <1位>
    Stevens, B.,Satoh, M.,Auger, L.,Biercamp, J.,Bretherton, C.,Chen, X.,Duben, P.,Judt, F.,Khairoutdinov, M.,Klocke, D.,Kodama, C.,Kornblueh, L.,Lin, S.-L.,Putman, W.,Shibuya, R.,Neumann, P.,Rober, N.,Vannier, B.,Vidale, P.-L.,Wedi, N.,Zhou, L. (2019)DYAMOND: the DYnamics of the Atmospheric general circulation Modeled On Non-hydrostatic Domains.Progress in Earth and Planetary Science, 6, 61,(2019)https://doi.org/10.1186/s40645-019-0304-z
    詳しくはこちらをご覧ください。

講 演

東京大学 大気海洋研究所教授 佐藤正樹の講演動画が公開されました。(2021年5月28日)

  • スーパーコンピュータ「富岳」共用開始記念イベント「HPCIフォーラム」
    2021年3月9日14:10-14:30 防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測
    <ゴードン・ベル賞ファイナリスト課題>
    佐藤正樹:東京大学大気海洋研究所教授
    詳しくはこちらをご覧ください。

報 道

気象業務支援センター 大泉伝の取材映像が放送されました。 (2021年5月5日)


講 演

東京大学 大気海洋研究所教授 佐藤正樹の講演発表が行われます。

  • 「台風列島日本の未来2050~攻めの防災に向けて~」ムーンショットミレニア・プログラム チーム「タイフーンショット」
    2021年5月15日(土) 13:40-14:10 「未来に備えよ!~地球温暖化に伴って凶暴化する台風~」
    佐藤正樹:東京大学大気海洋研究所 教授
    詳しくはこちらをご覧ください。

掲 載

気象研究所室長/気象業務支援センター 川畑拓矢、理化学研究所 計算科学研究センターデータ同化研究チーム チームリーダー 三好建正のインタビュー記事が掲載されました。 (2021年4月2日)


掲 載

本課題「防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測」の紹介記事が掲載されました。 (2021年4月6日)


掲 載

理化学研究所 計算科学研究センターデータ同化研究チーム チームリーダー 三好建正のインタビュー記事が掲載されました。 (2021年3月25日)


掲 載

国立環境研究所 地球環境研究センター 主任研究員 八代尚のインタビュー記事が掲載されました。


掲 載

国立環境研究所 地球環境研究センター 主任研究員 八代尚のインタビュー動画が掲載されました。


講 演

東京大学 大気海洋研究所教授 佐藤正樹の講演がHPCIフォーラムにて行われます。

  • スーパーコンピュータ「富岳」共用開始記念イベント「HPCIフォーラム」
    2021年3月9日14:10-14:30 防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測
    <ゴードン・ベル賞ファイナリスト課題>
    佐藤正樹:東京大学大気海洋研究所教授
    詳しくはこちらをご覧ください。

掲 載

本課題の解説記事が出版されました。 (2021年3月2日)


掲 載

本富岳課題の研究成果が記事に掲載されました。(2021年2月19日)

  • 日経産業新聞「集中豪雨、数日前に高精度予測 ~災害リスク予測発信へ」

論 文

気象研究所室長/気象業務支援センター 川畑拓矢が論文解説を発表いたしました。 (2021年2月19日)

  • 「2020年7月に発生した熊本県球磨川の氾濫を引き起こした線状降水帯の半日先予測に成功」
    著者:Le Duc、川畑拓矢、斉藤和雄、大泉伝
    詳しくはこちらをご覧ください。

論 文

気象研究所/気象業務支援センター 大泉伝が論文解説を発表いたしました。 (2021年2月19日)

  • 「豪雨の予測に必要な数値モデルの解像度はどれぐらい?~「京」コンピュータを用いた線状降水帯の予測の実現に向けて~」
    著者:大泉伝、斉藤和雄、Le Duc、伊藤純至
    詳しくはこちらをご覧ください。

講 演

気象研究所 気象業務支援センター室長 川畑拓矢の講演が下記サイトにて行われています。 (2021年1月21日)

  • 2020年 気象研究所 研究成果発表会 オンラインで伝える研究の最前線「スーパーコンピュータ「富岳」を用いた豪雨や洪水の予測に向けて」
    詳しくはこちらをご覧ください。

掲 載

第1回シンポジウム「豪雨・台風の高精度な予測をめざして」が、東京大学大気海洋研究所ニュースレター「Ocean Breeze」に掲載されました。 (2020年12月28日)


プレスリリース

国立環境研究所の八代 尚、理化学研究所の寺崎 康児らの研究グループがプレスリリース発表を行いました。 (2020年11月20日)


掲 載

国立環境研究所の八代 尚、理化学研究所(理研)計算科学研究センターの寺崎 康児らの論文が Supercomputing 2020 (SC20) の Proceedings に掲載されました。 (2020年11月4日)


報 道

気象庁気象研究所気象業務支援センターの川畑拓矢室長らの研究成果が報道されました。 (2020年11月2日)


講 演

国立環境研究所 八代尚の基調講演が行われました。(2020年10月30日)

  • 第7回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題 成果報告会
    ~「京」から「富岳」へ 新しいHPCI時代に向けて~
    2020年10月30日 13:45-14:20 「気象・気候の研究分野から語る富岳のシステムーアプリケーションコデザイン」
    詳しくはこちらをご覧ください。

受 賞

理化学研究所(理研)計算科学研究センターデータ同化研究チームの三好建正チームリーダーが「令和2年度防災功労者内閣総理大臣表彰」を受賞いたしました。 (2020年9月9日)


プレスリリース

理化学研究所(理研)計算科学研究センターデータ同化研究チームの三好 建正チームリーダーらの共同研究グループがプレスリリース発表を行いました。 (2020年8月21日)


プレスリリース

理化学研究所(理研)計算科学研究センターデータ同化研究チームの三好 建正チームリーダー、東京大学大気海洋研究所の佐藤 正樹 教授らの国際共同研究グループがプレスリリース発表を行い、記事が掲載されました。 (2020年8月20日)

  • 記事内容「衛星データと計算による世界の降水予報 ~理研とJAXAのwebで5日後までのリアルタイム降水予報を公開~」
    詳しくは理化学研究所プレスリリースをご覧ください。

プレスリリース

東京都立大学大学院都市環境科学研究科の高橋 洋 助教、東京大学大気海洋研究所の佐藤 正樹 教授らの共同研究チームがプレスリリース発表を行い、記事が掲載されました。 (2020年7月21日)


受 賞

ポスト京・富岳関連の論文が日本地球惑星科学会の ジャーナルPEPS ダウンロード賞を受賞致しました。(2020年6月11日)

  • PEPS Most downloaded Paper Award 2020 <1位>
    Stevens, B.,Satoh, M.,Auger, L.,Biercamp, J.,Bretherton, C.,Chen, X.,Duben, P.,Judt, F.,Khairoutdinov, M.,Klocke, D.,Kodama, C.,Kornblueh, L.,Lin, S.-L.,Putman, W.,Shibuya, R.,Neumann, P.,Rober, N.,Vannier, B.,Vidale, P.-L.,Wedi, N.,Zhou, L. (2019)DYAMOND: the DYnamics of the Atmospheric general circulation Modeled On Non-hydrostatic Domains.Progress in Earth and Planetary Science, 6, 61,(2019)https://doi.org/10.1186/s40645-019-0304-z
  • PEPS Most downloaded Paper Award 2020 <2位>
    Matsuoka, D,.Nakano, M.,Sugiyama, D.,Uchida, S. (2019)Deep learning approach for detecting tropical cyclones and their precursors in the simulation by a cloud-resolving global nonhydrostatic atmospheric model.Progress in Earth and Planetary Science 5, 80,(2018)https://doi.org/10.1186/s40645-018-0245-y