東京大学大気海洋研究所
HOMEMAILENGLISH

Projects

ULTIMATE

ULTIMATE: ULTra-sIte for Measuring Atmosphere of Tokyo metropolitan Environment(2020-)
佐藤正樹 (東京大学大気海洋研究所)
2020-

交通運輸技術開発推進制度 (2020-2022)

研究課題名: 関東圏の航空機の効率的な運航のための極端気象予測の高度化
研究代表者: 佐藤正樹 (東京大学大気海洋研究所)
研究期間: 2020.10.1-2023.3.31 (R2.4-R5.3)

科学研究費基盤B ULTIMATE (2020-2022)

研究課題名: 関東圏ウルトラサイト観測の包括的利用による高解像度数値モデルの連携研究推進
英文名: Ultra Site for Measuring Atmosphere of Tokyo Metropolitan Environment and Collaboration Studies with High-Resolution Atmospheric Models
研究代表者: 佐藤正樹 (東京大学大気海洋研究所)
研究期間: 2020.4.1-2023.3.31 (R2.4-R5.3)

「富岳」成果創出加速プログラム (2020-2022)

課題名:「防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測」
研究代表者: 佐藤正樹 (東京大学大気海洋研究所)
研究期間: 2020.4.1-2023.3.31 (R2.4-R5.3)

「ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発」重点課題 フラッグシップ2020 (FLAGSHIP2020 Project) (2015-2019)

課題名:「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」
   研究代表者: 高橋桂子 (JAMSTEC)
サブ研究代表者: 佐藤正樹 (東京大学大気海洋研究所)
研究期間: 2015.2-2020.3

三菱電機株式会社共同研究 (2019-2021)

課題名:「豪雨予測に向けた水蒸気の動きによる豪雨発生モデルの構築」
研究代表者: 佐藤正樹 (東京大学大気海洋研究所)
研究期間: 2019.4-2021.3

Monsoon Mission -II (the Earth System Science Organization, Ministry of Earth Sciences, Government of India) (2019-2021)

Title: "The development of Very High Resolution CFS Model based on Icosahedral grid
PI: Dr. B. V. Rathish Kumar (Indian Institute of Technology Kanpur, Uttar Pradesh, India)
CO-PI: Masaki Satoh (AORI, The University of Tokyo)
Research Period: 2019-2021

JAXA NEXRA 委託研究

課題名:「衛星全球降水マップのデータ同化システムNEXRAの高度化とNEXRAを用いた気象リアルタイム解析」
研究代表者: 佐藤正樹 (東京大学大気海洋研究所)
研究期間: 2016-

JAXA EarthCARE 委託研究

課題名:「衛星データシミュレータJoint Simulator for Satellite Sensorsの高度化」
研究代表者: 佐藤正樹 (東京大学大気海洋研究所)
研究期間: 2007-

CREST マルチスケール・マルチフィジックス現象の統合シミュレーション (2005-2010)

課題名: 「全球雲解像大気モデルの熱帯気象予測への実利用化に関する研究」
研究代表者: 佐藤正樹 (海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センター/東京大学気候システム研究センター)
研究期間: 2005.10-2011.3 (H17.10-H23.3)

21世紀気候変動予測革新プログラム (2007-2011)

課題名:「全球雲解像モデルによる雲降水システムの気候予測精度向上」
研究代表者: 佐藤正樹 (海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センター/東京大学気候システム研究センター)
研究期間: 2007.4-2012.3 (H19.4-H24.3)

Copyright © Masaki Satoh. All rights reserved.